03-6909-4936

東京都豊島区千川2-12-14オリーブビル1階


変形性腰椎症

変形性腰椎症絵図

変形性腰椎症は、加齢による病症で40歳以降の中高年層に多くみられます。

 

骨粗しょう症などにより骨密度が低下して椎体が変性し、クッションの役割をしている椎間板も線維化が進み弾力を失います。

 

その結果、椎体は臼状変形を起こして骨棘を形成し、椎体間の隙間も狭くなってしまいます。

 

変形が進むと圧迫骨折を起こします。

 

変形性腰椎症は、脊柱管狭窄症を伴うこが多いという特徴があります。