腰痛にならない胡坐のかき方とは?

お座敷などで『胡坐をかく場面』は結構あると思います。

 

かいて暫くはいいのですが。。

徐々に腰が痛くなってきて、辛い思いをされたことってありませんか?

 

一般的に正座はで・胡坐はというイメージがあると思います。

 

確かに、私も胡坐はあまり良いとは思いません。

 

 

何故だと思いますか?

 

 

正座は、床面に対して骨盤が垂直に立つため、腰に負担が少なく腰痛になり難いからです。

とはいえ、長時間の正座はなかなか難しいと思います。

 

そんな時に、一工夫するだけで胡坐をかいても腰に負担をかけずに長時間いられる方法があります!

 

 

どんな方法だと思いますか?

 

 

お座敷であれば、ほぼある座布団を使います。

 

ただ普通に敷くのではなく『半分に折って、半分お尻に敷く』

 

※全部お尻に敷いてしまったら、高くなるだけで何ら変わらないので気をつけて下さい!!

 

普通に胡坐をかくと

床面に対して骨盤が垂直ではなく、後に倒れてしまい腰に負担がかかる。

 

 

【座布団を半分に折り、半分お尻に敷いて胡坐をかくと】

すると床面に対して骨盤が垂直に立ち、腰の負担が少ない状態で胡坐がかける。

 

是非試してみてくださいね!