腰椎ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の違いは?

腰椎ヘルニア腰部脊柱管狭窄症は、神経の通り道を狭くして圧迫する為

どちらも腰の痛みや、お尻から脚にかけてのしびれ・痛みを発症します。

 

ですが、動作時の腰の痛みや、脚のしびれ・痛みが強くなる方向にそれぞれ特徴があり、相違があります。

 

腰椎ヘルニアは、前かがみの動作で、腰の痛みや脚のしびれ・痛みが強くなる特徴があります

 

腰部脊柱管狭窄症は、腰椎ヘルニアとは反対に、前かがみの動作で症状が楽になり、体を後ろに反らす動作で腰の痛みや、脚のしびれ・痛みが強くなる特徴があります。