あまり知られていない腰痛の現状

腰痛分類の円グラフ

腰痛は大きく2つに分類されます。

 

一つは、レントゲンやMRIなどの画像検査で原因を特定することが出来ない非特異的腰痛と、もう1つは、レントゲンやMRIなどの画像検査で原因を特定することが出来る特異的腰痛に分類されます。

 

 特異的腰痛15%の内訳は、脊柱管狭窄症や腰椎ヘルニアなどが10%・内臓疾患によるものが2%・重い脊椎の病気が1%・その他が2%となっています。

 

非特異的腰痛85は、画像検査で原因を特定することが出来ません。

 

そのため85%の方は、腰痛の原因を知りたくて病院で検査を受けても明確な原因を知ることが出来ないばかりか、納得がいく治療を受けることが出来ません。

 

そして長期化してしまい、慢性腰痛になってしまいます。

 

残念ですが、これが現状です。。