免疫力を高める整体


免疫力のイメージイラスト

人間の脳は、身体機能の全てを統括している

 身体に歪みが生じると、筋骨格系、神経系、循環器系(免疫力)、内臓機能な全ての機能の低下が起こります。

 

整体を行う上で脳を如何にコントロール出来るかが大きな鍵を握っています。

 

脳は、あなたの生活スタイルから日々その行動を学習し、身体を歪ませバランスを崩しますが、脳自身は完璧なバランスだと思い込んでいます。

 

具体的には、お仕事・家事・睡眠・姿勢・肉体的/精神的ストレス・食生活・趣味・喫煙・飲酒・運動不足/過多などで身体に歪みが起こります。


身体の歪みは、単に姿勢が悪いから歪むのではなく、姿勢を気を付けていても、無意識の日常生活動作やストレスなどでも歪んでしまいます。


免疫力は、体内温度が上がれば高まる

免疫細胞は血液の中にいます。 体温が下がり血行が悪くなると、体内に異物を発見しても素早く攻撃できません。

 

免疫力が正常に保たれる体温は、36.5℃程度といわれています。

 

 免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると最大5~6倍アップすることが分かっています。

 

そのため体温を上げることの重要性がよく言われています。


免疫力が下がると?

ウィルス・感染症にかかりやすくなる

 

肌が荒れる

 

■アレルギー症状が生じやすくなる

 

■下痢をしやすくなる

 

■身体に不調を感じる

 

■疲れやすくなる

 

巷では、筋肉をつけて熱量を上げる・発汗作用がある食物を摂取する・身体を冷やさないようにする・長めの入浴が良いと言われていますが。。。

 

それらは全て一時的な対処法です


整体で、どのように体内温度を上げるのか?

人は、生まれながらに防御反射機能が備わっています。

 

自分の身体に押す、揉む、伸ばす、摩る、叩くなどの刺激が加わると、それに対して脳(潜在意識)が自分の身体が壊されてしまうと判断して、筋肉や関節を固めて防御しようとします。 

 

自分自身(顕在意識)が気持ちが良いとか、心地が良いという意識とは、まるっきり関係なく別次元脳(潜在意識)から防御反射が発動されます。


イラストを用いて解説

強い力で押す、揉む、伸ばすと気持ちが良いが...

施術風景イラスト
矢印

脳は、自分の体を壊されまいと防御反射機能を発動して身体を締めて固める

防御反射イメージイラスト
矢印

身体にあまり変化を感じず症状も変わらない

辛そうなイメージイラスト

脳に優しくアプローチし、防御反射を起こさせずに整体を行う必要がある

頭や顔に優しく触れて間接的に脳に刺激を入れる

脳のイメージイラスト
矢印

脳が防御機能を発動せずに筋肉と関節を緩ませる為、ソフトな整体が可能になる

防御機能イメージイラスト
矢印

身体の変化を体感できて症状も改善に向かう

嬉しそうなイメージイラスト

定期的なメンテナンス施術が大事です!

筋骨格のバランスが整い、自律神経を含む神経系、循環系(免疫)、内臓機能などが活性化するので自ずと免疫機能も向上します。

定期的に施術を行い、脳に良い状態を上書き保存させる。

 

脳が 学習して良い身体バランスが定着してくると、筋骨格系のバランスが整い、自律神経を含む神経系、循環器系(免疫)、内臓機能などが活性化するので自ずと免疫機能も向上します。