ある条件で腰痛を感じたり、特有の自覚症状がある場合は、要注意です!

腰椎ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の症状は、似ていますが相違があります。

内科的な疾患でも間欠性跛行の症状がでることがあります。

腰椎ヘルニアは、症状によって2つに分類することが出来ます。

脊柱管狭窄症の疑いがある方は、一度セルフチェックをしてみて下さい。

一般的に知られていない腰痛の現状を知ってしまうと『ガッカリ』してしまうかもしれません。

あなたは、どちらのタイプの腰痛ですか?


症状安定後のメンテナンスこそが最も大事です!

腰痛危険度チェックを知ることで、今の状態が把握できます。

さらに表示する